PLC活用
​オンデマンドセミナー

遠隔監視やクラウド接続に不可欠な
通信とセキュリティ編

 

PLCの遠隔監視・クラウド化
知っておきたいことをまとめてご紹介

昨今、製造業ではAIやIoTによるデータ活用、設備機器の自動化など、スマートファクトリーの取り組みが推進されています。その手段の一つに、工場内の設備機器の制御に使用される「PLC」があります。

 

生産設備の制御や自動化に不可欠なPLC(Programmable Logic Controller)は、FA(Factory Automation)で不可欠な存在です。近年、機器の制御だけでなくPLC内のデータ活用や、保守の手間の削減を目的とした「PLCの遠隔監視や操作」の必要性が高まっています。一方で課題となるのが「ネットワーク環境の整備や、セキュリティへの配慮」です。本セミナーではPLCの遠隔監視の利点を改めて確認しつつ、通信とクラウドがパッケージとなったPLC遠隔接続システムを提供されているGUGENとソラコムの通信・セキュリティを組み合わせて実現できる、PLCの遠隔監視の課題解決をご紹介します。既設PLCのさらなる活用をお考えの方や、FAエンジニアの方にオススメです。 
 

​主催

logo-sponsor-gugen-002_2x.png

すべての人がすぐに使えるIoTを

 

製造業を中心とした産業用のIoTに特化したメーカです。FAエンジニアであれば、特別な知識不要ですぐに使えるIoT機器をハード、ソフト、クラウドすべて開発しています。

logo_soracom_sample-09t.png

IoTテクノロジーの民主化を掲げる、IoTプラットフォーム

 

IoTプラットフォーム SORACOMは、IoTを実現するために必要となるIoTデバイスや通信、アプリケーションなどを、ワンストップで提供しています。2020年3月時点で、世界140の国・地域における15,000のお客様に、あらゆる分野でご利用いただいています。

 

​セッション概要

00:00-00:20

今あるPLCを活かすには?遠隔管理やデータ活用のポイントと事例

 00:20-01:00

付けるだけで遠隔PLCのラダーモニターができる!「FALCONNECT」のご紹介

01:00-01:20

株式会社ソラコム テクノロジー・エバンジェリスト 松下 享平

Q & A

​スピーカー

株式会社GUGEN ​

代表取締役社長 杉村 和晃

FAメーカで技術営業を10年間経験し、様々な現場の装置の立ち上げに携わる。その後、マーケティングや商品企画、事業企画を担当した後、コンサルタントとして独立。

2018年、株式会社アスコ IoT事業推進室に参画。

その後、IoT事業を株式会社アスコより分社化し現在に至る。

20190521_max.png

​株式会社ソラコム ​

テクノロジー・エバンジェリスト 松下 享平​

 IoTの活用事例やライブデモを通じて、IoTの普及とSORACOMの利用を促進をする講演や執筆活動を担当。Linuxサーバーメーカーにて情報システムやEC事業を経て、2015年にはIoTの事業開発をリードしてメガクラウドとの協業や、省電力通信による先駆的なIoT事例に関わる。2017年3月より現職、登壇回数は延べ500以上。共著に『IoTエンジニア養成読本』(技術評論社)等。

 

​視聴お申し込み

SORACOMイベント・セミナー開催における個人情報の取り扱い方針をご覧いただき、
同意の上お申込みください。
セッション動画を視聴するには、下記フォームを入力し送信ボタンを押してください。